スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

死に神?

  • 2006年09月01日(金)
  • 書籍
(この話はさっき枕元で聞いてきたものです。本日は、妻が体調不良のため、代筆です。)

おととい、病院で抗ガン剤治療をしたばかりというのに、今日から新学期で子供たちが弁当持ちだからと言って早起きして弁当を作ると言い出した妻。

まだ体を休めるときなんだから、お弁当はコンビニで買わせたらどう?という忠告を聞かずに無理したせいか、お弁当を作り終えたら急に発熱して寝込んでしまいました。(38度6分!)

言わんこっちゃないと思いましたが、病院から貰っている薬があるから大丈夫と言って、それを飲んで横になりました。

しばらくして、氷枕を持って寝室に行くと、妻はもうろうとした感じで不思議なことを言い出しました。

「さっき、うとうとしていたら、急に真っ黒いマントを着た男の人が枕元に立って『ついにこの時が来たな、体が弱っているのに無理をするからだ。迎えに来たぞ。』と野太い声で言ったの。
そしたら、反対側で優しい感じの女の声がして『そうではありません、この者は私たちが守っています。この者の命は私たちが永らえているのです。今はその時ではありません、お帰り下さい。』って言ったのよ。
あれは死に神が迎えに来たのを、守護神様が追い返してくれたんだと思う。」と言うではありませんか。

私は(@_@)ほぇっ?と聞いていました。

すると妻は続けて、「死に神は最後にこう言ったわ、『この者の命は我のすぐ手の届くところにある、無理をしたり、油断をしたならばすぐにでも連れて行くぞ。』って、そうしたら守護神様が、私に『分かりましたか、あれは警告ですよ。』と言って、おでこのあたりにすぅっと入っていったの。」と言いました。

熱にうなされて夢を見ていたのかもしれませんが、おそらく実際にあったことなのでしょう。

私も妻もそして家族も、油断していたのだと思います。

「喉元過ぎれば熱さを忘れる」と言いますが、退院して体を動かすことができるようになったのを見て、妻に無理をさせてしまったのだと思います。

家族一丸となって、妻の体調を考えなければと思い直しました。

                         代筆 どらぱぱ(macpapa)

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんにちは!
どらパパさん、お久しぶりです。

退院して10日くらい経った頃にも、お弁当なんか作っていいのかな?
と思ったときがありました。 お母さんがダウンしてしまったので、まっくママさんが
子供達のお弁当を作った時です。 その後、足を怪我したんだと思います。

ご家族も気をつけなければいけないけど、やはり本人がもっと自覚する事だと、
思います。 まだまだ軽い病気ではなくて、どちらかというと重いほうの病気です。
パパさんからも、時にはきつく、言ってあげて下さい。

心配している人がたくさん、いるんですよ。
はじめまして! 
 とらぱぱさん、まっくママさん、はじめまして、RIKOです。

今、まっくママさんが、毎日を頑張って生活している事が、伝わってきます。
病気でも、やっぱり母なんですよねぇ・・・「お弁当を作らなきゃ!それに食べさせたい。」

そんな思いに、にかりたてられて無理して作ったのかもしれませんねぇ・・・。
まっくママの家族への愛を感じます。でも、本当に、無理は禁物です。

元気になってから、家族には、今以上愛を込めて色々やってあげられる事を
忘れないでほしいですね(*^^*)

それに、まっくんママをサポートしている家族(どらぱぱ&子供達)きっと、まっくんママと
同じように色々と大変かと思います。(精神的にも)

偉そうな事いえませんが、愛は力だと思います。
これからも、家族みんなで、まっくんママをサポートしてあげてくださいね
RIKOも、まっくんママが、少しづつ元気になる事を祈ってます。

ps、blogをはじめたばかりで、他のサイト様へ初カキコです。
失礼があったら、おゆるしくださいませ。



  • RIKO
  • URL
  • 2006年09月01日(金)19:43 [編集]
cindyさんへ 
ご心配かけましてすみません。
ちょっと頑張ったつもりがとんでもないことになってしまいました。

熱が出たとき、だいぶ完治に近づいていた足の傷が
太い釘を打ち付けられるように痛み出して、
自分の起こした軽率な行動をまたまた反省した次第です。

お恥ずかしい・・・v-292
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年09月01日(金)20:07 [編集]
はじめまして、RIKOさん 
ようこそお越し下さいました。
私もまだブログ始めて数ヶ月、初心者の域を脱しておりません。

家族の愛の大きさは本当に言葉に出来ないくらいありがたいものです。
おっしゃるとおり、つい家族の喜ぶ顔が見たくて頑張ってしまう私。
それでいつも痛い想いをしてるのに、学習能力が欠如してるんですかねv-393

これからもどうぞ宜しくおねがいしますv-290
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年09月01日(金)20:11 [編集]
 
まっくママ大丈夫すか?


パパをそれ以上心配させるんで ないぞ~!
  • himawaripapa
  • URL
  • 2006年09月02日(土)16:57 [編集]
himawaripapaさんへ 
ご心配かけまして・・・

ちょうどパクリの副作用がひどくなる日と一緒になってしまい
「あ~またやってしまった」と反省しきりです(T^T)
気をつけまっス!

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。