スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

負けないよ!

  • 2006年08月24日(木)
  • 書籍
今日も蒸し暑い・・・
明日はエアコン工事の予定。
とうとう買ってしまいました。長期ローンで・・・
今が一番安いって店員さんも言うしね・・・
家計はほんっとに厳しいけど、正直しんどいから我がままさせてもらいました。
「自分でお掃除」とか「空気がきれい」なんて謳い文句には目もくれず
冷えればいい!の一念で超お買い得。
そうそう、難しい機能がついてれば早く壊れるのさ!と
素敵なエアコンを横目で見ながらお店を後にしました。

でも残暑もあと1週間ってテレビの予報士さんが言ってたな・・・

お昼頃突然の大雨
日中は直射日光の当たらない玄関前のポーチにいるうちのワン子も
吹き込んで来た雨にウロウロ。

かわいそうなのでベランダにシートを張り、流れ込んで来る雨のためにすのこを敷いて避難しました。
こんな感じに物干竿へ止めて、吹き込みを防止するんです。




安心したワン子。
ほんとは家の中に入って遊びたいんだけど、
夏はものすごーく毛が抜けるし、主人か息子たちが居ないと悪ふざけをするので
私は入れてあげないの

このあと15分くらいで止んじゃった。
シートが乾くまでこのままにしておく事にしました。


昨日病院の診察室で。
電子カルテの病院だから、大きな液晶画面で医師と一緒に見る事ができます。
医師も少し画面を私たちの方へ向けてくれたり
レントゲン技師などが書き込んだコメントもちゃんと見せて説明してくれます。
(医師にもよるみたいですが・・・いやでも画面は見れます)

血液検査の数値の中で、白血球も6000以上あるし
退院時にあった炎症反応の数値も下がって来ている。
同じように腎臓や肝臓の数値も現在は問題ないですよとのことでした。

でも見ちゃったんですよね、腫瘍マーカー。

また上がってました・・・
CA-15 が647、 CEAは253 確かそんな数字だったと思う。

でも、自覚症状は全然無いんですよ。
痛みが増したとか苦しいとか、新しく痛い場所ができたとかって。

強いて言えば、抗がん剤を打った後、喉の違和感がひどくなるくらいかな。
退院前の色々な検査で、甲状腺が腫れているけど悪い顔をしていないし
経過観察でいいって説明があった。
首のリンパ腺も腫れていたけど、ガンが転移したものか、肺の炎症によるものなのか、
わざわざ検査をして調べるよりも抗がん剤が始まるのだから
それを頑張る事に力を入れた方がいいって。私もそう思います。

第一、入院中から飲んでいる痛み止めのボルタレンという薬があるけれど
入院中は管の入っていた傷や、肺の炎症から来る背中の痛みで一日最高の4錠飲んでました。

今は時々飲むのを忘れるくらい調子のいい時があるんですよ。
退院してから1ヶ月位のときに痛み止めも一日に4から3錠に減りました。
そろそろ2錠に減らせるかな~なんて思っていた時だけに
「なんでかな~」とちょっとがっかり。
あと2週間くらい治療したら、多分薬の見直しがあると思います。

神様に伺いました。
「あなたの心の奥底にマイナスの気持ちがこびりついています。
本当は効き目があるはずなのに、あなたの心が効き目を無くしているのです。
どうにかしてそれを取らなければ、いつまでたっても今のまま。
本当に治りたいと思うなら、形や見かけの元気ではなく
その心の奥にある悪いものをしっかり取り除きなさい」と。
すると同時に私に見えて来たのは、丸い心の底にコールタールのように真っ黒な
アメーバみたいにネットリしたしたものがこびり付いている様子。

こいつを取らなきゃいけないんだ・・・
もちろんこれは私の弱い心が招き入れたものなんですよね。
確かに、今回の再発はめちゃめちゃ落ち込んだし、「死」も覚悟したから。
でも今は「負けない」と思ってます。
時々泣きたくなることもあるけれど、歯を食いしばってる。
絶対負けたくないし、神様を信じてる意味が無いもの。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
v-22まっくママさん へ
私もよく疑心暗鬼になってました。
Drが、家族に声をかけられるだけで・・・
不安になったものでした。

入院中は、病と闘うというより(医者まかせ)自分との
戦いでした。
入院中はとにかく夜の消灯がイヤだった。

でも、すべてに時があるそうですよ。
生まれるのも、出会うのも、そして死の別れも。。。
人の力でどうこうなるものでもありません。
それは神様の領域!

神様の目でよしとされた時、私たちは御手の中に
抱かれるのでしょう。

元気出して~。「負けない」もん!

神様は
  • JUN母
  • URL
  • 2006年08月24日(木)21:56 [編集]
 
こんにちは!数字で一喜一憂していてはダメですよ。超楽天的な私の血?つめの垢?分けてあげた~い。 昨日の幸福だな~!の気持ちを持ち続けて・・・・ 良い設備の病院に行ける事、経済的にもラクではないにしても、治療を続けていける事、支えてくれるやさしいご主人や子供達、お母さんがいる事。気持ちの持ちようで、プラスにもマイナスにもなるのだから、いつでもプラス思考で頑張りましょう!!
JUN母さんへ 
いつもありがとう。

そうだよね。入院前、神様が言ってた。
「この度は助けます。胸だけに集中させています」って。

自分を信じて頑張るよ~!
cindyさんへ 
ホントにプラスじゃなきゃだめですよね。うん。

なんかね、光珠へ行く事を予定していると必ず何かがあって行かれなくなる事が続いてて。
そんなこともあって不安定にもなっちゃって。
それだけが原因じゃないのはよくわかっているのデス。
自分がしっかりしなきゃって。

神様がいつも何か気づかせてくださっているんだなって、思うようにしてますp(^_^)q
神様は自分の傍に・・・ 
まっくママさん、久しぶりのコメントです(^^)

光珠へ行こうと予定していると何かがあって行けなくなるという事は、気付きの一つなんじゃないかな! 私個人の考えとしては、まっくママさんの心の奥底に現実回避の思いと、行けば良くなるんじゃないかという他力本願が感じられます。
でも、本当にそれでいいのかな・・・?それじゃ、ここ何年かの今までとちっとも変わらないと思うけど・・・。その結果はどうだったのだろう・・・。 まっくママさんの3柱の守護神は何のために居るのかな!それにドラパパさんという現人神とその守護神!
この世は人間社会であり家族が守ってくれているのだから、現実を直視して治療に専念すること。病気は必ず治るという前向きで強い信念を持つことじゃないのかな。
ときにはめげてしまう事もあるだろうけど、そんなときはドラパパさんが両手を広げて守ってくれます。
多くの神様は、まつくママさんにその事を理解して欲しいんじゃないかな。
自分の生命力と医療の力・身内の力強い家族愛を信じること。それと自分の守護神の神威を心から信じることだと思います。
だから今は光珠へ行く時じゃないと、守護神が気付かせてくれているのだと思います。
勝手で厳しい事を書いてしまってごめんなさい。でも、大切な友達だからこそ書かせてもらいました。
まっくママさんの完治を心から応援しています。

         つきよみ
  • つきよみ
  • URL
  • 2006年08月26日(土)00:30 [編集]
つきよみさんへ 
本当にありがとうございます。

私の周りにあることは全て私に意味のある事なんだと思っています。
正直、病気は欲しくなかったけど(^_^;

だからつきよみさんが言ってくれた事、「顔を上げなさい」ってことだと思う。

何十年もほったらかしの油絵の道具、出してみようと思います。

絶対負けない!  p(^_^)q  ありがとう!

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。