スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

送り盆

  • 2006年08月15日(火)
  • 書籍
今日は送り盆ですね。

我が家では家族でご先祖様を囲んでにぎやかな夕食をしました。

昨夜不思議な事があったんですよ。
そろそろ寝ようと薄暗い階段を上がって行ったとき、もう数段で上がりきるところでふと先の廊下を見ると、誰かが立っているんです。
多分、父かな~と思いつつ、寝室に入って寝てしまいました。

以前○○先生がおっしゃっていた事を思い出しました。
「やっぱりお盆よね。たくさん帰って来てるもの」と。
そうなんですね~。
今まであまり霊は見えなかった、というより見ないようにして来たんですけど身内だから見えたのかな?前回の抗がん剤治療から今日までは、身体がとても辛い日が多かったです。
体中が重いし鈍痛があるし。
明日はまた治療の日です。今回はまた元通りになるでしょうね

今日は朝から小泉首相の靖国参拝のことでテレビは大騒ぎ。
参拝の是非やその他諸々ここで語る事はしませんけれど、昨晩のテレビ番組でふと感じた事があったので少し書きたいと思います。

その番組には戦争を知らない世代の国会議員が出演していました。
世の中には色々な考え方の人がいて、日本には言論の自由があって。
戦争世代の人、家族を戦争で失った人、そういう有名人も出演していました。
それぞれがそれぞれの立場で発言し意見を戦わせるのはそれなりに見ていたのですが、気になったのは戦争を知らない国会議員の一言でした。
「戦争の責任は誰にあるんだ!責任は誰が取るんだ!」

先に書いたように、それについても色々な考えを持った人がいると思います。
戦争を体験した人の中にだって考え方は色々あると思います。
でも私も含め、戦争を知らない世代の人間が「戦争の責任」を追求するなんて・・・!
何とも言えない悲しい気持ちになった一言でした。

さて、今夜のごちそう(?)を写真に撮るつもりで忘れてしまいました
お見せしたかったな~
明日は治療の日。主人が付き添ってくれます。
頑張ります

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。