スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

梅雨さぶ!

  • 2006年07月18日(火)
  • 書籍
今日の正午の気温が埼玉で22度だと天気予報で言ってました。
梅雨寒ですね。
私は長袖を着ています。
あまり動かずにいるから余計に寒い!

I先生がコメントしてくださったように、ひどい筋肉痛は副作用が誘発していたみたいです。
確かに抗癌剤投与の事前説明で筋肉痛のことは聞いていました(;^_^A
ただ自分では甘く見ていたみたいです。
病院で2回打ったあとはそんなに強い副作用も無かったので、急激に身体中が痛くなるなんて想像もしてなかった!
実際、日曜日頃から痛みが引いてきて、今は身体を松葉杖で支えている手のひらが痛いくらいです。
人間、慣れるものですね、体重の重さに・・・(^o^;

ガン患者のための法律が先日国会を通りました。
日本のどこにいても、誰もが等しく高度な医療が受けられるように・・・ということを前提としたこの法律も、まだまだ患者側から見たら足りないことも多いし、期待も大きいです。
費用や厚労省に対する薬の認可問題もそうです。
海外では標準とされている治療もなぜか日本では無認可。
製薬会社が儲からなくなるからなのか、役人のおいしい所が無くなるからなのか。
NHKの特集で見ました。
患者会の代表の方は治療のために地方から東京へ出てくる。
往復の交通費に個人輸入で使っている薬代。
月に100万円近いお金がかかるそうです。
そのお金は奥さんと二人の老後のために貯えたものなのに、自分の命を永らえるために使ってしまうのはどうなんだろうか・・・と葛藤があるそうです。
「そうまでして生きていていいのだろうか」と。
だからこそ今回の法律ができたことに「まずは第一歩だ」と喜ぶ一方で、まだまだ不安がたくさんあることに気付いているのはほとんどのガン患者でしょう。

私にも彼と同じような気持ちになるときがあります。
我が家は今一番子供にお金のかかる時期。
だからこそ元気で働きたいのにそれもままならず、さらに治療には月10万円もかかってしまいます。
母として、私がこうして生きているだけでいいんだと思う。
子供には財産は残せないけど愛情だけはたくさん残してやりたいと思う。
その反面、自分だけこんなに治療費をかけて・・・と家族に申し訳なく思うときがあるのです。
・・・このブログを読んだら主人をはじめ応援してくださる方々にお叱りを受けるでしょうね(>_<)

大丈夫です。
始まったばかりの治療に期待もしてますし、子供たちのためにはまだ生きなきゃいけない!という気持ちが山盛りですからo(^-^)o
時々不安が頭をかすめるだけですから。

なんだかとりとめのない内容になってしまいましたが、昨日からそんなことをボンヤリ考えてみました・・・暇なんですぅ!(^O^)

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんにちは!昨日も雨、今日は一日中雨で暑いのが苦手な私には、ちょっぴりホッとしています。 テレビで見ましたが、癌患者にとって医療の格差は地方へ行けば行くほど、ひどいようですね。その方たちに比べたら、まっくママさんは最新、最先端の治療が受けられて、本当に感謝ですよね。治療費も大変だけど、あなたを必要としている人達のために、必要経費。まずは感謝、感謝の気持ちを忘れずに!

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。