スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

昨晩の神事

毎晩私は自宅の神棚に向かいます。
今日一日を家族みんなが無事に過ごせた事を「ありがとう」と。
そして明日もまた無事に過ごせますようにとお願いします。

一番大事な私の身体の事を、一番時間をかけて祈願します。
毎日必ず祝詞をあげます。祝詞は色々な種類がありますが、その日にパッと思う祝詞をあげます。
その後に身体に入り込んだ魑魅魍魎を「魂清浄」を唱えつつ手でむしり取るようにしてコップの水に溶かし込む「治療」をします。
最後に守護神様からお言葉をいただきます。内容は今の私に必要なお言葉をください、だったり私が疑問に思う事を伺って答えていただいたり。

昨晩は「魂清浄」を唱え始めたときに、白金に輝く玉が神棚の方から降りてきて頭頂部から体内へ入ってきました。
昨日はとても胸と喉が痛くて辛かったのですが、まさにその痛いところへ入り込みゆっくりと上下に動いたかと思うと、きれいだった色が濃い緑から黒へ変わってまた首筋を通り頭頂部から外へ出て行きました。
すると次にまたきれいな玉が入り込みお掃除をして、真っ黒になって出て行く・・・
そんな事を10回ほど繰り返したとき、真っ青で大きな玉が入り一番悪いと思われる患部へ定着しました。
その日の治療の終わりを感じた私は自分でエネルギーを注入し、塩水を飲み神様にお礼を言って神事を終了しました。
それまでの苦しさが嘘のように軽くなった私は、布団に入ってからもその不思議さに多少の興奮を感じていました。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。