スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

闘い方

昨日は予定通り病院。
お天気も良かったので、朝のラッシュの不快感も何のその!
お昼には点滴まで終了してしまうという
異例の早さでした。

でもその分、お友達とあまり話ができないのが残念
おやつを食べる時間も無いし。
お昼ご飯さえ帰宅して一人で食べる・・・
確かに体調は良くないけどさ、ちょっとつまんな~い。

”ガン研”に通院している患者は、
当然自分の病気を知って闘病しています。
自分が今どういう状態にあるのか。
どんな治療をしているのか。
医師から知らされる事実をしっかりと受け止め、
それによって落ち込むことはもちろんあるけれど、
でも絶対にそこから自力で立ち上がって
治療していくという姿勢でいるわけです。

私たち患者は、病気について”知っている”ことは
健康な人よりも多いと思いますが、
お医者さんにはかないません。
だからこそ、正確にきちんと伝えて欲しい。
いいことも悪いことも、正しく。

基本的に”治そう”と、
百歩譲って、”共存しよう”と思っていますから、
”余命”とか”生存率”なんてものは聞きたくありません。

知りたいのは状態と、これからの治療、その2点だけです。

☆☆☆

私がリンパ節に転移していると知ったのは、
検査によってその事実を医師が知ったのよりも
数ヶ月も後のことでした。
それも、「いま私のガンはどこにあるんですか?」という、こちらからの問いに対して答えてもらったという形で知りました。

入院中、医師からこんな言葉を聞きました。
「ママさん、どこかに転移していたとしても、
とにかく抗がん剤で治療をして叩くわけですから、
精密検査のようにこと細かくやって身体に負担をかけるより
まずは治療するということに全力でぶつかりましょう」と。

この先生、私とっても好きです。
あ、人間的にですよ
いろんな考え方があると思いますが、
私にとってはこの言葉が力強かったですね。
とにかくやっつけてやろう!
まずは腫瘍マーカーを戻して行こう!と思えたから。

だから検査結果を聞かなかったのかもしれません。
数か月経って聞いたのは、タキソールが効かなかったから。

元々は能天気な私なので、
白衣を着た人に「一緒に頑張りましょう!」な~んて言われたら、「よっしゃ!」みたいな
いいんだか悪いんだか・・・


☆☆☆

昨日は薬が目に来た~~~

午後、ソファでうつらうつらしていて。
夕方になってとても見えにくい。
視力が元から悪くて、最近はコンタクトもせずメガネっ子。

目がショボショボして、周りの焦点が合ってない。
一晩寝たら治りました~
次回、先生に話そうっと

昨日、ちょっとだけ話ができたお友達。
以前受けた検査で見つかった転移が
主治医の口から聞けず、もらった結果のコピーで知ったそうです。

医師は病気だけ見るのではなく
患者ともう少し話す時間を持って、
その人がどんな情報を望んでいるのか、
どう病に立ち向かっているのかを見て欲しいなって思います。

とても忙しいのでしょう。
でも、検査結果を話す時間くらいはちゃんとしてよ!
医師にとってはたくさんいる患者の一人でも
患者にしたら、知識を持つたった一人の主治医なんだから。


彼女は絶対大丈夫。
まだまだ治療もたくさん残っているし、
治験薬も勧められているくらい、選択肢はいっぱいある

そりゃあね、私も何度も落ち込んだ
闘病生活が長い分、再発の恐怖も何度も経験して来たし
どん底まで落ち込みますよ

落ち込んだっていいんです←勝手な持論
しっかり底まで落ち込んだら、
そこへドスコイ踏ん張って、立ち上がる。
涙を拭いて、よじ上る・・・歩き出す

あきらめることが一番の罪です

生き方は色々。
闘い方も色々。
自分の信じてる道を、進みましょう。
それが”正しい道”ですよね。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
お医者さん 
こんにちは!
お医者さんもいろいろ、10人10色というけれど、患者さんにとってはたった一人の命綱なんだから、もう少し考えてもらいたいところですね。でもテレビで見たけれど、お医者さんの長時間労働、こんな状態のお医者さんで、ちゃんと患者さんを診る事ができるのかな?と、怖くなりました。 勿論、素晴らしいお医者さんもたくさん、いらっしゃいますけどね。
  • cindy
  • URL
  • 2007年01月25日(木)16:15 [編集]
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2007年01月25日(木)16:18 [編集]
昨日はお疲れ様でした♪ 
本当だよね~!早い時間の診察だとスムーズに進んで暇だよね・・・。私なんか副作用がない薬だから余計に思って日本橋や巣鴨へ甘い物を求めて行ってしまうよ~!あははは~!
ママさんの言う通り!
私もまだ転移が発覚してから1年と8ヶ月位でまだまだママさんに比べたらヒヨッコだけど、完治を目指して頑張ってるよ!先生達には「完治は無理」と言われて落ち込んだ時もあったけど、共存でもいいから諦めない!って!
だから先生達もちゃんと患者一人一人に状況を的確に伝えて欲しいよね。
先生達も忙しいのは充分分かってるけど、私達にとったら先生と一緒に前向きに頑張っていこうって気持ちだもんね!
でも、同じ病院のお仲間が沢山頑張っているから私も頑張れるし心強いんだ~!
だからあの病院で良かった♪水曜で良かった♪
ありがとう~☆
  • みぃ
  • URL
  • 2007年01月25日(木)16:31 [編集]
 
こんばんは。
今日のブログは、心にジ~ンときました。

ママさんの言葉・・・
『しっかり底まで落ち込んだら、
そこへドスコイ踏ん張って、立ち上がる。
涙を拭いて、よじ上る・・・歩き出す
あきらめることが、一番の罪』

ホント、そうだね。
諦めては、いけない。
治療は人それぞれ、違っても、闘うのだという、気持ちは一緒。
みんな信じて、がんばっているんだもね。
とっても、心に染みました。
  • かこ
  • URL
  • 2007年01月25日(木)21:25 [編集]
 
基本的に”治そう”と、
百歩譲って、”共存しよう”と思っていますから、
”余命”とか”生存率”なんてものは聞きたくありません。

ママさんのこの力強い言葉に、わが身を正しました。
私は最後の方ばかり気にしていたな~と。。。
生還できたから、その後は命を大切にと思うように
なりました。
生かされえたのには何か意味があるはずと…

ママさんとであって、病気と向かい合う強さを学びました。

ドスコイで、頑張ってね~。
  • 詩音:(JUN母)
  • URL
  • 2007年01月26日(金)00:29 [編集]
同感^^ 
久ぶりにコメントさせて貰いますねv-410
私も去年9月に骨転移告知されてから何かと落ち込み気味v-390
まだ症状が無いだけに今だに転移を何処かで受けと止められない
自分も居たりして、でも放射線治療までしたから・・・やっぱり現実
なんだなぁ~って年明けから凹んでて、そこから抜け出せなくて
こんなんじゃ~完全鬱に成るって。今年初めての検診の時先生
に「心療内科に行って見ようかと本気で考えました」って言ったら
「貴方の場合そう成る原因がハッキリしてるんだから診療内科
に行くくらいなら、何度でも僕の所においで!」って言われて涙
・・・でもそれで何だか心強くなって「まっ成る様に成るかっ!」
って心軽くなったんです。だからまっくママの気持ち凄く良く
分かります。・・・お互いに頑張ろうね!「頑張る!」って言葉
あんまり好きじゃあ無いけど・・・やっぱり頑張るしか無いんだよね。
  • ミイー★
  • URL
  • 2007年01月26日(金)07:59 [編集]
 
v-22cindyさんへ
そうなんですよね。
私もテレビで知る限りの話ですが、
医師の過労働には同情します。
医師の世界でも中央集中なんでしょうか・・・。
素晴らしいお医者さん、もちろんいますよね~!
どこの世界にも、真剣に取り組んでいる人の足を引っ張る人っているから、それに惑わされずにいきたいです。

v-221月25日16:18のコメさんへ
見ました!!!
「オレンジ・・・」は記載が無かったけど
「農家の・・・」はリンクフリーだったので
今日中にリンク貼っちゃおうと思ってます!
思わず笑っちゃったし、ほのぼのしてて面白かったです~♪
またご紹介宜しくお願いします。

v-22みぃさんへ
みぃさんにとっては(私もだけど)、お友達と甘いものが
エネルギー源なんだから(^_^)
体調が良ければどんどん楽しいことするの、大賛成♪
闘病期間なんて関係ないって!
みんな立派な戦士なんだもん(^o^)/
ホント、水曜日、良かったよね。
こちらこそ”ありがとう”です♪

v-22かこさんへ
いや~、なんか恥ずかしいです・・・!
かっこいいこと書いちゃってるけど、
落ち込んだときの、そのみっともないこと!
思い出すと笑っちゃうけどね(^o^;
でもでも、そのうちの何回かは、ブログを始めてからだから
どれだけたくさんの人に応援してもらったかわからない!
踏ん張る力をくれたのも、このブログだったよ。
これからもお世話になります♪

v-22詩音さんへ
昨年の入院では、「もうダメかな」と
ちょっとだけ思ったりもしました。
それくらい体調も悪かったし、苦しかった~。
細かい数字を聞かない理由は、もう一つあるの。
・・・恐がりの超ヘタレだから~~~!(爆)
言葉で武装してないと、ホントは弱っちい。
でもね、ブログがたくさんの力をくれます。
お友達を繋いで、力を送ってもらってます。
だから毎日毎日、ありがとうなんです(^_^)

v-22ミイー★さんへ
うんうん、最高だね、その先生!!!
医師にとったら何でも無い一言かもしれないけど
私たち患者は、もう翼でも生えたんじゃないかっていうくらい
心が軽くなる一言ってあるんだよね。
ミイー★さんが辛かった気持ちもすごくよくわかります。
私もね、頑張るって言葉は、本当は好きじゃない。
こんなに頑張ってるのにって、思ったこともあったよ。
でもあえて使って来たの、頑張る、頑張るって。
ヘタレだからさ、誰かが”もういいよ”なんて言ったら
簡単に崩れちゃうから(^o^;
みんな戦友だよ!
  • まっくママ
  • URL
  • 2007年01月26日(金)10:15 [編集]
 
ママちゃん、泣いちゃいました。
私も、共存しようと思ってます。
仲良く、なるべく長~く、寿命全うしようとね。

私の主治医も、総合病院にいた頃は、
とても忙しく
検査結果も抜けること多々・・・
下手に質問すると迷惑がられたり・・・
やはりとても忙しかったのだと思います。
とても怖い先生だったの。
それが開業した今では、なんでも質問すると
答えてくれ、心配なことがあるとじっくり関わってくださって・・・
別人のようです。
友達はいまだに、質問事項をメモってきて
診察室に入ります。
良い先生ほど多忙で・・・
いいのか悪いのか・・・
でも、検査結果はきちんと伝えて欲しいよね。
  • みゆみゆ
  • URL
  • 2007年01月26日(金)23:42 [編集]
 
v-22みゆみゆさんへ
良い先生ほど多忙って、その通りだよね。
”良い先生”の定義も色々だけどさ(^o^;
でもみゆみゆさんの先生は開業されて
病気だけでなく患者も診てくれる良い先生になったんだね。
医師も理想の診療ができるし
患者も納得して治療を受けられる。
理想の関係ができあがったのは
両者にとって幸せだと思います。
ちょっぴり羨ましいよ・・・(^_^)
  • まっくママ
  • URL
  • 2007年01月27日(土)10:54 [編集]

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。