スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

神様のくれた休日

  • 2006年05月31日(水)
  • 書籍
今日はレントゲンを撮ってからの診察。
この撮影は肺にたまった水がどのくらいかを見るためのものだったのですが、主治医が驚くほどに増えていました
どうりで最近息が苦しいな~と思った。
階段はもちろん、ちょっとした坂道を登っても、早歩きをしても、すぐに苦しくなって肩で息をしていたんです。水が溜まっていたのは主治医も私も知っていたけど、そんなにたくさんだとは・・・で、明日急遽入院してあさってから処置をする事になりました。
「今日からでも・・・」なんて言われたけど、一家の主婦がハイそうですかってわけにもいきません。ちょうどお休みだった主人に自宅近くの駅まで迎えに来てもらい、職場へ取り急ぎ引き継ぎに行き、その帰りに入院に必要なものと日持ちのする食料を買って帰宅。夕食後子供たちに報告がてら留守を頼むよって話しました。
肺の水を抜くなんて注射器で「チュッ」と日帰りでできるのかと思っていたら、2週間も入院して薬まで入れるそうです。どんな治療になるかドキドキもしますが、神様がくださった休日だと思って、しこたま寝てきます

主人の神様も「悪くならないためにこのようにしたのだ」とおっしゃってくださったし、主治医も肺の他の部分への転移は無いのでまずは水を抜いて肺を守りましょう、とのことでしたのであまり病状の心配はしていません。

そういえば昨日は職場で同僚と「ゆっくり休みたいな~」なんて話していたんですよ。それに一昨日の夜は守護神様に「あなたに必要なのは休息と安心と強力なエネルギーです」って言われていたし。これはどう考えても休息でしょ?

というわけで、ブログはしばらくお休みです・・・っていうと思った
動ける状態だったら携帯からレポート入れますね~

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。