スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

母心

今日は暖かでしたね~
良く晴れて、洗濯物もきれいに乾きました。
お日様に感謝

暖かな陽射しを利用して、午後1番でチョコのカゴをお掃除しました。
choko.gif
ちょっと見にくいかしら、写真。
掃除のついでに1羽と一人でひなたぼっこ
ポヤ~ンとしてたら主人が昨夜の宿直明けで帰ってきました。
「ひなたぼっこしてるの~?」と。
たまには陽に当たらないとカルシウムができにくくなっちゃうしね。
特にチョコはお歳だから・・・猫の見張りも兼ねてね

☆☆☆

昨夜、リビングでパズルをやっていると長男がやってきました。
「就職のことなんだけど・・・」
「どうしたの?」
「う~ん・・・」

長男は専門学校の1年生
あと1年通って社会へ出ますが、ある自動車会社の直系整備士学校なので
就職はほとんど関連企業へ決まります。
しかも1年生のうちに内定が出るという恵まれた環境です

時々学校の様子や就活の話などをしていたのですが、
かなり身近に迫ってきたらしく、悩みも決断しなきゃいけないことも多いみたいです。

本人は愛知県にある本社へ行きたいようですが
600人以上の中から合格するのは25名。
しかもその学校は専門職として4年生もいるため、
その子たちも合わせた中から選抜されるので、
2年生で卒業して本社へ行くのは至難の業
頑張ろうにも壁は相当に厚いらしい・・・

そこで、100%子会社のエンジン開発会社へチャレンジしようか・・・
という話でした。ここもやっぱり愛知県。

いつの世も、社会へ船出する子供を黙って見送り、
せいぜいそーっと背中を押してやるくらいしか親にはできないのでしょうね。
本当はそんな遠くへやりたくはありません
「何もそんな遠くへ行かなくたって・・・」という言葉を飲み込み、
「やりたいことがあるのなら、精一杯頑張りなさい。
自分で決断しなくてはいけないんだし、本当にその仕事がしたいなら
努力をするべきだよね」と。

何もね~、東海地震の危険があると言われているところへ行かなくたって・・・
男の子だから、日本や世界を飛び回る仕事をしたっていいと思うんですよ。
頭じゃそう考えているんですが・・・
なかなか心は割り切れません

でも母が子供の足かせになるわけにはいきませんよね。
試験に合格できるように、いまはとにかくハッパをかけて
心を鬼にして気合いを入れてやろうと思います

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
そうですね☆.。.:*・° 
いつまでたっても心配してくれるのは、『親』ですものねe-420
私は、もう就職してだいぶなるのですが、未だに心配してくれます。
そんな両親に感謝です☆.。.:*・°
  • あこりん
  • URL
  • 2006年11月22日(水)05:16 [編集]
 
おはよう!
もうご長男が、そういう決断をしなければいけない年齢なのですね。親としたら、出来るだけ近くにいて、ごはんも一緒にと思うけれど、自分がしたい事を持っているのは、とても良いことだし、後押ししてあげるのが一番ですね。頼もしいしっかりした男に育ったのも、ママさん、パパさんの日ごろの成果だと思います。
 
う~ん。お母さんは辛いね~!
そんなに大きなお子さんいるんだよね~。
母親だったら離れたくないよね・・・。
でも、やりたい事やってほしいし母の気持ちは複雑・・・子供いないけど分かるよ~(^^)
しらない間に子供って成長していくっていうけど、こんな時にきっと感じるんでしょうね~。
  • みぃ
  • URL
  • 2006年11月22日(水)17:12 [編集]
 
こんばんは。
私もきっと、複雑なおもいだとおもいます。
親は、何歳になっても、心配ですよね。
でも、子供を応援するのも、親の役目・・・やりたいことに、力になってあげることも必要ですよね。
私は友人からよく、
「かこさん、子離れできないでしょう?」と言われます。
そんなことないのだけどなぁ・・・(^^;)
何年後か、、私も、いろいろ悩むのだろうなぁっておもいました。
  • かこ
  • URL
  • 2006年11月22日(水)22:27 [編集]
 
こんばんは。
男の子の親って、息子が羽ばたくのを邪魔したくないし、でも心配はつきないしで大変。(女の子ももちろん大変ですけれど)
私の息子はまだ13歳ですが、そろそろ「母にはわからない自分の世界」を確立してきているようです。何だか寂しいような。。。

お母さんは強し!ですね。
私も頑張らなきゃ。
またお邪魔します。
  • うたこ
  • URL
  • 2006年11月22日(水)22:30 [編集]
 
v-22あこりんさんへ
本当に、親はいつまでたっても親だし、子はいくつになっても子。
私もこの歳にしてまだ母に子供扱いされるときがありますよ。
でも我が子に感謝されるのは、もう少し先になりそうです。
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月23日(木)09:17 [編集]
 
v-22cindyさんへ
先輩ママさんの言葉、ありがたいです。
一人暮らししていても、夕飯くらいは食べられる距離にいてくれれば
一番嬉しいんですよね。
まあ最悪、自宅から通う会社に決まる場合もあるし、今は親子揃ってドキドキです!
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月23日(木)09:19 [編集]
 
v-22みぃさんへ
一人で大きくなったような顔して!と怒る時があるんだけど、
実際私たちも親にそうやって叱られた記憶があるよね~!
私だけかな?
母心は複雑ですわ・・・(^_^)
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月23日(木)09:21 [編集]
 
v-22かこさんへ
小さい頃は「早く大きくなって親離れしてくれないかな~」と思っていたのに、
実は引き止めているのは私だったりします。
末娘は自分がそうだったように、案外あっさりしていますが
男の子はいつまでたってもコソコソそばへやってきて、何となく体温を感じる場所に居たりする。
かこさんのところも男の子でしたよね。
親離れより子離れの方が難しいかもしれませんよ(^o^;
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月23日(木)09:24 [編集]
 
v-22うたこさんへ
ほ~13歳ですか~。
いよいよ突入ですかね(^_^)
うちの息子達は手を焼くほど反抗期も大きくなかったんですけど
やっぱり中学から高校への「思春期」っていうのは気を使いました。
まだ次男が高1でまっただ中ですけど・・・(^_^;
末娘が中2で、女の子の方が激しそうなんですが、自分が通ってきた道ですから
なんとな~く分かっちゃうのが楽かなぁ。
主人は娘の反抗期にイライラすることもあるみたいですけどね、
ドーンと構えなきゃねぇq(^_^)p
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月23日(木)09:31 [編集]

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。