スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

お別れ

  • 2006年11月12日(日)
  • 書籍
風が少し強い今日のお天気。
さっき主人と二人で、マックが使っていたリードを持って
いつも歩いていた大好きなお散歩道を歩いてきました。

途中、何度も涙が出てしまったけれど
最後まで歩きました。


亡くなる前の日から、ほとんど食べ物を受け付けなくなりました。
猫缶も。
ミルクに浸したパンもお刺身も。
お腹が弱くてお肉を食べられなかったマック。
でも最後に口にしたのは焼き鳥でした。ほんの小さな2口。

「花よりダンゴ」のマックは食べることが大好きだったのに
好きなものも思うように食べられなかった。
最後は呼吸も苦しくなって・・・

空へ旅立ったとき、気が狂ってしまいそうなほど泣き叫んで
何をしたのかは覚えていません。
でも冷静になったとき、少し安心しました。

もう苦しむことも無いんだ、マックは自由に何処までも走っていける。
よかったね、本当によかったね。
ありがとうって。

だからいま、目の前からいなくなってしまったことは確かに寂しいのだけれど
やれるだけのことはしてあげた、
仮に自己満足だと言われても、精一杯愛して見送ってあげられたことは
本当に良かったと思っています。

ただ・・・私の涙が乾かない理由がわかりません。

夜布団に入ったとき、一人でぼーっとした時間を過ごすとき
頭の中に、最後のほんの30秒がフラッシュバックしてきます。
そのとき、なぜ悲しいのかがわかりません。
私の中からその30秒間の記憶を消してしまいたい。
思い出したくない。

マックの笑っている顔だけを思い出したいのに。

目の前に見える思い出の品を次々に処分してみました。
だけど、家具の隙間や車のシート、洗ってあるはずの洋服にも
マックの抜けた毛がついてくる。
それだけのことでまたフラッシュバックが起きてきて、
泣いちゃいけないって分かってるけど涙が止まりません。

明日は小さな遺骨になって帰ってきます。

マックは本当にいい子でした。
優しい子でした。
人間の子供が大好きで、犬と言わず猫と言わずお友達が大好きで
楽しいことが大好きで、ちょっぴり臆病で恐がりだったな。
ご近所の子犬ちゃんたちが噛み付いても一度も怒ったりしないで
いつも可愛がってあげてた。

楽しい思い出だけが残ればいい。
品物は何も残したくない。
最後の30秒もいらない。
どうすればいいのでしょう・・・

頑張らなきゃいけませんよね。
マックが悲しまないように、心配かけないように。
早く涙が枯れればいいのに。

☆☆☆

たくさんの優しさをありがとうございました。
傷が癒えるまでは出来るだけ思い出さないように過ごす努力をします。
身体を治す為にも、早く笑えるように。

ありがとうございました。

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんばんは!
10日11日は忙しく、パソを開けませんでした。
10日にマック君は旅立ったのですね。まっくママさんのお家にご縁があって、まっくもきっと良かったな、と思っていますよ。悲しいときは涙をうんとだして、
実際に飼っていない私たちでも涙が出てくるのですから。
  • cindy
  • URL
  • 2006年11月12日(日)20:03 [編集]
休んでください 
悲しいですね、私もワンちゃん大好き、いとしいですよね。
急なことでショックでしょう。これからの方が思い出とかで辛いかも、時間が解決するって言うけどそんなものではないでしょう、でもまっくママさんのことマック君は心配してるよ、無理しないでね。
  • さつき
  • URL
  • 2006年11月13日(月)02:08 [編集]
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006年11月13日(月)07:05 [編集]
管理人のみ閲覧できます 
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2006年11月13日(月)09:20 [編集]
 
まっくママさん へ
泣きたい時はないた方がいい。
私もガマンして…立ち直りに、結局半年かかった。
最期は何が悲しいの?何故泣いているの?と
自分に問えるようになるまで、泣いたほうが
いいと思う。
私の経験は私だけのものかも。。。でも…でも…
神様は忘れるという特効薬ではないけど、漢方薬
を下さった。
だから、無理に心を閉じ込めたらどこかに噴出す。
泣いて下さい。偲んで下さい。
ママさんのすぐ傍で、まっく君はママさんの鳴き声
泣き顔 すべて聞いて、見ています。
薄いベールのすぐ向こうで。。。
現世と来世は…私たちが考えているほど遠い星
じゃないんじゃないかな?
あちらからは見えて、こちらからは心の目でしか
見えない。
まっく君が「ママ大丈夫?ボクはここでママを見てるよ」
と言っていますよ。ネッ!
(長く書いてゴメンね)
  • JUN母
  • URL
  • 2006年11月13日(月)11:42 [編集]
 
v-22cindyさん、さつきさん、かこさん、てりんさん、JUN母さん
温かいコメントありがとうございます。
こんな形でのお礼、ごめんなさい。

昨日はたくさん泣きました。
散歩道で、声を上げて泣きました。
私が最後の瞬間、たったひとつだけ後悔していることを主人に話したとき
涙もたくさん出たけれど、心もフッと軽くなった気がしました。
ふと目を上げたとき、目の前にマックがいました。
いつもみたいに笑った顔で「どうしたの?」って覗き込むようにこちらを見ていたマック。
マックは嬉しいんだって思いました。
呼吸も楽になって、身体も軽く元気になって、楽しいんだって。
少しずつ元気になります。
マックに笑われないように・・・。
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月13日(月)22:14 [編集]

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。