スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

私にできること

  • 2006年11月03日(金)
  • 書籍
こんにちは~

暖かな文化の日、主人とふたりで家でのんびりしてます。

長男は友達と遊びに、陸上部の次男は駅伝の観客整理の手伝いに駆り出され、末娘は部活。
大きくなって「お母さん、お母さん」とまとわりつかなくなったのは助かるけど、
たま~に「つまんないな~」と思うのは贅沢ですかね~


昨日ちょっと書いた、抗がん剤治療者も座りたいわ~っていう話。
コメントをくださったJUN母さんの「おもいやりシート」っていう言葉に感動
シルバーシートだから若い人は空いた車内でも座りにくいし
実際、ガラガラの車内で座っていた高校生がお年寄りに叱られるという話も
新聞の投書欄で読みました。
その点、思いやりシートだったら、お年寄りだけじゃなくもちろん妊婦さんや
怪我をした人、赤ちゃん連れ、それに体調の悪い人も座りやすい環境になりますよね。
シートの背もたれの部分に「赤十字」を付けておくというアイディアも素敵

今日の読売新聞の朝刊に出ていた記事で、「がんと私」っていうのを読んだ方
いらっしゃると思います。
乳がんを患い、その経験を記事にしたり今のガン医療について本田記者が書いているものです。
その中で、「ガン患者団体の最近の動きを<○○して欲しい>ばかりの”おねだり集団”と揶揄する声もあっただけに、多くの患者が<自分も参加して社会の役に立ちたい>という意欲を持っていることを再確認できた」と書いています。
これは、患者会が「相談支援センターに参加させて欲しい」という言葉を聞いて
嬉しく感じたという感想でした

確かに専門的な知識は持たないけれど、命と向き合った辛い経験や
治療の辛さの体験、克服できた時の喜びは患者でないと理解できない部分がたくさんあります。
また、患者の家族の思いも家族でなければ分からない部分があります。
そういった患者・家族が、心と身体に少しでも余裕ができたとき
同じ苦しみを持った人と気持ちを分かち合うということは
その人たちにしか出来ない活動だなと思います。

「思いやりシート」の話、昨日までは患者の甘えもあるのかな~と
自分で自信を持てなかったけれど
いつか病気を克服できたとき、私にはやるべきことがたくさんあるんだって思ったら
このシートの話もその一つかもしれないと感じました。

何か活動できることはないか、身体とも良く相談しながら探っていきたいと思います

☆☆☆

beranda.gif

ベランダに出たいの~という視線攻撃に負けて、
お日様が上がってから出してあげました。
コンクリートは冷たいだろうに、すぐにベッタリと横になったマック。
今日はまた少し食欲が戻ってきて、量は戻らないけど「欲」が出てきたのでホッ
おやつも「もうないの~?」っていうくらいしっかり食べたね
かにパン(かにの形のパン)とリンゴ半個分、ごちそうさまでした~

☆☆☆

母は朝から夕飯の下ごしらえ。
niku.gif

2週間くらい前に広告を見てゲットした、1本60円の鶏の骨付きモモ肉。
昨夜冷凍庫から冷蔵庫へ出して柔らかくなったものを、今日はタレ付け。
今夜はこれをオーブンで焼いて、はるさめサラダでご飯です

夕方寒くならないうちにお散歩にでも行こうかな
デジカメ持って、秋を探しに・・・

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
こんにちは!
我が家も、主人と二人です^^
まっくママさんと同じで、ビックリしたのは・・うちの次男も、陸上部なのですよ~^^
今日は、市民陸上競技場で、スポーツテスト。
そういえば、駅伝も近いとか。
スポーツの秋ですね^^
この病気になった辛さは、確かに、なった本人、また家族にしかわからないかもしれないですね。
私にも、‘私にしかできないこと’があるのかも。
何ができるのか、じっくりと考えてみようとおもいました。
まっくくん、食欲が出てきたようで、安心しました^^

ワン仔を、もう何年も飼っている友人に、
「犬は、人間しか知らないから、本当に、人間を信用しているんだよ」って言われたことがあります。
写真のまっくくんの目、我が家のペコの目、、、純粋だなぁっておもいました^^
  • かこ
  • URL
  • 2006年11月03日(金)15:11 [編集]
 
思いやりシートですか、、いいですね。
栗毛はこの間、優先座席に座りマナーモードにすらしていない携帯電話でゲームをしているガキンチョ(高校生くらいの男子)に遭遇しました。
優先座席では電源を切ってください、のシール、あなたの真後ろに見えていますが………漢字が読めない可愛そうな人なのでしょう。。きっと。しかしたとえ、、、もし漢字が読めなくても、近くに立っておられるご老人の姿は見えていたはず。いったいどんな神経をしているのかとマジマジと見てやりました。ガキンチョは、栗毛の視線に気付き、なぜか髪型やらを気にしていました。…完全にイカれてる。。。でも、栗毛も声に出して注意することができなかったので同罪です。。。
自分にできること、もっと考えて生きていきたいと思いました。
まっく君、ちょっと元気になってきていますね。良かった(泣)食欲が出るのは明るいです。かにパン……おいしそうですね。。。
ぽちさんが今後、おむつを必要とする際は、ぜひ作り方を伝授してください。まっくママさんのお手をわずらわすことはしませんよ。不器用栗毛、頑張って作ります(笑)まっくママさんのミッション、それは栗毛への伝授です★
  • 栗毛パンダ
  • URL
  • 2006年11月03日(金)17:14 [編集]
 
癌患者さんの気持ちは、本当に本人しかわからない事が多いですよねぇ・・
カバンに何かキーホルダーでマークを表示する事で、電車・バスなどなど
席をゆずってもらえるようなマークがあったらいいですよねぇ~
車のオチボマークみたいに(笑)

そそ、新聞はRIKOの住んでいる地方紙・新潟日報ですよぉ~
日付は、ここへカキコミに来た前日か、その日より数日前だったような
きがします。おやすみするって書いてあったから、新聞も捨てちゃったのよねぇ・・でもインターネットで調べたら、結構国内で何箇所もあるんだなぁ~と。
色々な治療法があるようだし、何かのきっかけになれば・・と
思っただけだから(*´∇`*)
では、またきまぁ~す。

  • RIKO
  • URL
  • 2006年11月03日(金)22:01 [編集]
 
こんばんは!
「おもいやりシート」素敵な響きですね。込んだ電車は普通の体調でも大変だから、病気を持った人には、大変ですよね。でも見た目だけではわからないから、ワッペンとかあれば、いいかもしれないですね。マックも少し元気になってきたみたいで、少し安心ですね。小春日和で暖かいし、早く良くなりますように!
  • cindy
  • URL
  • 2006年11月04日(土)19:01 [編集]
 
v-22かこさんへ
次男は陸上でも結構力入れてる私立高校へ行ってるんですが
スポーツ特待生の選手がいたりして、いつも「すごいんだよ~」と
他人事で楽しんでます。
昨日は東日本女子駅伝が埼玉県庁から上尾運動公園まで走ったので
それのお手伝いだったみたいです。
陸上やると筋肉ムキムキしてませんか?
長男が中学から別の部活だったりしたから、次男の筋肉見てちょっとビックリ(^_^;
「何に筋肉使うの?」と聞いたら「走るのに筋肉が無くちゃ早く走れないでしょ」ですって。
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月04日(土)20:06 [編集]
 
v-22栗毛パンダさんへ
昨日本屋さんで「他人を見下す若者たち」とかっていう本を見ました。
ちょっと立ち読みしたけど、人に厳しく自分に甘いとか
自分の世界が一番大切で他はどうでもいいとか、色々書いてあって
うちの子たちを見ていてもまんざらハズレではないなって思いました。
就職して社会に出るようになれば少しは変わってくるのでしょうけど
学生さんじゃなおさらマイワールド以外は関係ないのでしょうね。
でも席を譲るってこと、私は母から教わったんだけどな~。
おむつカバーの件、了解です!いつでも言ってくださいね~!
でもそんな日はずっと先になることを一番祈ってます(^_^)
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月04日(土)20:11 [編集]
 
v-22RIKOさんへ
新潟日報、ありがとうです(^_^)
記事を読んでみたいな~って思って、ネットに出てるか調べてみようと思ったの。
ちょっとした情報でも何でも、病院でお友達との会話に出すと
そこから思いがけない方向へ話が弾んだり、
新しい情報を得ることが出来たり、投げかけた情報に肉がついたりするの。
みんな少しでも身体に関係してることを勉強してるんだよね~。
また何かあったらぜひ流してね~!!
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月04日(土)20:15 [編集]
 
v-22cindyさんへ
素敵でしょう、「おもいやりシート」。
JRとかに提案してみようかな~と思ったんだけど
シルバーシートという言葉があまりにも浸透していて。
でもちょっと考えて、何かやろうと思ってますよ。
せっかくいいアイディアを頂いたんだし、みんな口には出さないけど
辛い思いしてる人はたくさんいると思うから(^_^)
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年11月04日(土)20:18 [編集]

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。