スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

負けるもんか!

  • 2006年05月20日(土)
  • 書籍
昨夜。
夜中に背中の痛みで何度も目が覚めた。
今までも胸水が溜まっているせいで寝返りを打つたびに
眠りが浅くなってはいたけど、「痛い!」は初めてのこと。

目覚まし時計が鳴ったので5時半に起床。
胸の右半分、特に背中側が異常に痛い。
胸の中よりもまるで筋肉痛か神経痛、肉離れのような痛さ。
主婦の朝は忙しいのに、ワンコはご飯を待ってくれないし
おしっこも一晩我慢してるので早くゲージから出たいと期待の目で見つめます。
ゆっくり痛みをこらえながらとりあえずワンコの世話をしていたら
土曜部活に出かける中2の娘が起きてきて、「お弁当自分で作るから大丈夫だよ」と。
その手伝いをダラダラしていたら痛みも薄らいできて
というか、1ケ所に集中してきた!
何かの拍子に背中から胸側にかけて、息も止まるような激痛が走った!
ムムム、何じゃこの痛みは
でもまあ、ずっと痛い訳じゃないから、静々と身支度をして出勤しよう。

どうやらこの激痛はげっぷのような空気が出るときと、上半身が変な動き(自分ではそう思ってないけど)をしたときに起きるらしい。

夫の神様曰く、私の中に入り込んでいる悪いものが、今夜○○へ行かせないようにしているらしいです。
最後の悪あがきだと。
今夜は劇的な治療が行われるかもというメッセージをくださいました。
そうなることを祈りつつ、お昼休みにブログなんて書いちゃってる私でした
だって私の神は「病はあなたが思っているほど悪くは無いのですよ」って言ってくださったし、私が「痛い、痛い」と苦しんだり怖がったりすることが良くないんだと。
思う壺じゃないですかね~
だから負けませんよ

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。