スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

人として

  • 2006年10月16日(月)
  • 書籍
こんばんは~。
お風呂に入ってくつろぎながらパソいじってます

今日は朝から嫌なニュースが流れていました。
中学2年生の男子生徒が自殺した事件です。

ニュースでは自殺の原因がいじめであったと、そのいじめを誘発し、率先して行っていたのが教師であったと。

亡くなった生徒のご両親がその教師や校長、教頭を追求している場面が、ずーっとテレビで流れていましたね。
聞いていて思わず眉をしかめ、ため息がもれ、怒りがわき上がって来る内容でした

「からかいやすかったから」
教師にあるまじき発言、というか、言葉に出す前の発想。
なぜ彼は教師になったのでしょう。
短くはない教師生活、ずーっとそんないじめをしてきたのでしょうか。

ある弁護士さんが言っていました。
学校と言う社会の中で行われるから「いじめ」という言葉で括られてしまう。
一般社会で同じような事が行われれば、それは暴行であり殺人でもある・・・と。

「教師」という職業を論ずる前に、人として、人の世の心というものを忘れている。
この人は47年も生きてきて、人として何を学んできたのでしょう?
何も学ばずに何を人に教える事ができるでしょう?
どうやって未来ある若者たちを導いて行かれるでしょう?

数年前、小学校で半年間だけ、「パソコンの先生」としてお手伝いさせていただきました。
熱心な若い先生たちは、日々学び、悩み、補助である私からも何かを学び取ろうと
必死でメモを取り、相談してくださいました。
学級崩壊しかけている50代教師のクラスでは、何故か私が中心となって授業をしました。

歳を重ねたベテラン教師が悪いという訳では決してありません。
ベテラン教師には「経験」という大きな財産があり、子供たちを長年愛してきた心があると思うからです。
実際に素晴らしい先生もいらっしゃいました。

ですが、逆に経験の上にあぐらをかき、学ぶ事をやめ、子供たちと心を通わせたり、子供たちの心を読み取ろうとする努力を忘れてしまった人も居るのが現実です。

今回の「いじめ教師」はまさにその典型だったのかと思います。
若い頃は情熱を持って頑張っていたのかもしれません。

人はどんな時でも学ぶ事をやめてはいけないと思います。
どんな職業に就いても、どんな状況に置かれても。
「学ぶ」とは教科書や学校だけではありません。
人が人から、子供が地域から、大人が子供から・・・
学ぶチャンスは何処にでも転がっているし、周りにある全てが学びと言えるのではないでしょうか。
そして大人だからこそ、そのような学びを日々重ねるべきだと思うのです。

私も病から学んだ事がたくさんあります
病気にならなければ知らない事もたくさんありました。

人として、子供を社会へ送り出す一人の親として、
少なくとも我が子に恥ずかしくない、胸を張れる人生をこれからも送ろうと思います

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
「いじめ」とは言葉自体に惨めな響きがあるので使うのがはばかられますが、
この現象は「いじめ」というより「ハラスメント」と言った方が実態に近い
と思います。これは大学の研究室や医学部の医局においても現在進行形で
行われています。大人でもこれのために転職したり自殺したりするのはザラ
です。子供と違って事件になりませんが。
  • I
  • URL
  • 2006年10月17日(火)03:56 [編集]
 
本当に本当にこんな事が起きてるって信じられない事件です!
あまりにも酷くて私、ニュースを見るの止めました・・・。
まっくママさんの言う通り、人間はいくつになっても学ぶ事を忘れてはいけない!って、その通りですね!
それは教師であっても、医者であっても私達もそうですね!
なんでこんな事が起きるのか・・・。悔しい!

  • みぃ
  • URL
  • 2006年10月17日(火)18:46 [編集]
I 先生へ 
確かに、大人の世界でも同じような事が起きていますよね。
私も会社員として働いていた時に経験した事があります。
社長の言動が許せなくて、退職のとき開いていただいた送別会の席で
社長に説教したことがあります(^_^;   若かったですよね~!
千葉県では教師がまた自ら命を絶ちました。
校長によるパワーハラスメントだそうですが、死ぬ気で頑張って生きてほしかったな。
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年10月17日(火)21:02 [編集]
みぃさんへ 
私たちガン患者は、いつも命に向き合ってるから
どんな事があっても生き抜いてやろうって思ってるよね。
せっかく健康な身体を持っていたのに・・・
心が病んでしまう怖さなのかな。
  • まっくママ
  • URL
  • 2006年10月17日(火)21:05 [編集]
 
こんばんは。
今日会社では書く時間がなくて、でも私も先生がいじめの原因を作ったなんて、もちろん子供たちの教育に熱心な先生もいますけど、とんでもない先生がいることも確かですね。先生がクラスの生徒達一人一人に目が届いていれば、いじめなんて起こらないのに、まだまだ未来がたくさんある若い命を途中で絶ってしまうようなことはおきてほしくないですよね。教育の改革も確かに必要だと思います。
  • cindy
  • URL
  • 2006年10月18日(水)00:07 [編集]

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。