スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

▲このページのトップへ戻る

生かされている私

  • 2006年05月17日(水)
  • 書籍
お世話になっているM氏より、先日メールをいただきました。
「私たちは神に生かされているのだ」と。
何年も前、M氏が自分を失ったり心を傷つけているとき、神より
「生かされている事も分からんで・・・」と言われたそうです。
その後は、自身が崖っぷちに追いやられたときでもその言葉をキーワードに
何度も立ち直って、自分の役目を果たしていこうと気を入れ直したと。

1回目の再発のとき、強い抗がん剤で「もういやだ!死んでいいからこんな治療やめたい!」と狂気の言葉を吐き出した事がありました。
でも少し落ち着いてくると、神様が頭にツンツンと合図を出してくださいました。
思考まで落ち着いてくると神様への感謝とともに、私がこうして苦しくても生きている事には
きっと何か意味があるのだろうと考えたりもしました。
そんなときブログではない、ホームページを立ち上げました。
まだ神通はとれない状況の中で、つまり見えない聞こえない状況でも
私が神様を信じて生きる希望を持てたのはいつもツンツンと合図してくださる神様のおかげです。(イエスノーの神様と呼んでいます)
いまはありがたい事に神様のお言葉を直接頂けるようになりました。
今回のような再発、ひどい心の落ち込みは神の声が無ければ乗り越えられませんでした。
といっても、まだ完璧な復活ではなく、神に叱られていますが・・・(^_^;

話は逸れましたが、M氏より頂いた言葉の意味を実際神様に伺ってみました。
「私が生かされている意味は何でしょうか」と。
(それを考えるために生きているのだという話を本で読んだ事があります)
本当は聞く事自体、間違っているのかもしれませんが、おそるおそる・・・
「あなたは前を向くべきです。いつでも何かを後悔し思い返しては勝手に傷ついています。心底乗り越える事ができたとき、自ずと分かるでしょう。」と。
・・・まずは今の私を乗り越えなさいということ。
生かされている事は間違いありません。
私が必要の無い人間でしたら、4年前に再発したときこの世にいなかったでしょう。

生かされている意味はもう少し時間が経ってからもう一度考えてみようと思います。
全てが理解できたとき、私は人様のお役に立てるのだと思います

▲このページのトップへ戻る

コメント


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

まっくママ

Author:まっくママ
3児の母、40歳丙午の生まれ。32歳で乳ガンを発症して4年後に肺へ転移・再発したけど現在完治へ向けて治療中。治療に欠かせないのは主治医の力と神様の力、家族の愛、そして私の精神力!

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

FC2カウンター

カテゴリー

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。